主人の自転車に乗る長女

子供の事故について

 

近所の自動販売機に行くだけでもかなりの距離があるのですが、長女が「ジュース飲みたい。暑い暑い。」と言うので、主人が自転車の後ろに乗せて自動販売機まで行きました。大丈夫なのかなと心配しましたが、「これぐらい大丈夫や!」と言う主人におしきられ、はじめて自転車に乗せました。

 

後ろに子どもを乗せる椅子もないし、このときにやめさせておくべきでした。数分後に電話がかかってきて、車で迎えに行くと悲鳴のような泣き声が聞こえてきました。慌てて駆け寄ると、足首から大量の血が流れていました。

 

大きく腫れてもう歩けない状態でした。どうやら、後ろの車輪に足首を巻き込んだようでした。家へ帰り、土曜の夜だったこともあり、すぐに診てくれる病院を探しました。私は九州在住ですが、となり町まで行くことになりました。骨が折れていないことを祈って診察をうけました。

 

なんとか骨は折れていませんが、目を背けたくなるような大怪我でした。消毒も相当痛かったと思います。病院についてもずっと泣いていました。抱きかかえて病院にはいり、トイレに行くのにも抱っこしないと行けない状態でした。

 

それから毎日消毒に病院へ通いました。1週間もすると、足を少しあげてケンケンして移動したり、膝を使ってはいはいして移動できるようになりました。本人もかなり退屈して「保育園に行きたい。」と言うようになったので、保育園へ行かせるようになりました。

 

保育園に通いだすと、治るのはとても早かったです。自分で移動しないと欲しいおもちゃで遊べないし、友達に「がんばれ!」と言われて、嫌がっていた歩く練習もしだしたからです。この大怪我で一番参っていたのは主人でした。とても反省していました。

 
ホーム